簡単に本格的な味が楽しめるドリップコーヒー

カフェ以外でコーヒーをいただく時、様々な淹れ方があります。
インスタントコーヒーで手軽に・挽き豆を紙フィルターで淹れる、そしてドリップコーヒーで簡単に淹れる方法が一般的ですね。
どの方法もそれなりに美味しくて迷うところですが、その中で一段と本格的な味わいが楽しめるドリップコーヒーで淹れる方法がおすすめです。


ドリップコーヒーはスーパー等で、どこにでも置いてありますが1杯あたりの価格は安いメーカーで20円くらいからで売ってます。
なぜ、ドリップコーヒーがおすすめなのかというと、1包ずつ個包装されているので香りに常に新鮮さがあるからです。
インスタントコーヒーや挽き豆は封をしてるとはいえ、やはり香りの強さや新鮮さは落ちていきます。



淹れる時のお手軽さや時間がかからない面でもインスタントコーヒーに負けてません。
開封してフィルターのミシン目から上を切り取り、カップにセットしてお湯を注ぐだけ。
挽き豆を紙フィルターとドリッパーを利用して淹れる時よりも抽出時間も短く早くできます。おまけに淹れ終わった物は、そのままゴミ袋へ直行。

ドリッパーを使う場合と違って洗う手間も、挽き豆をこぼしちゃって排水溝の掃除しないと、なんて嫌なハプニングも起きません。

独自性の高い産経ニュース情報探しの最新サイトをご用意いたしました。

そして、それぞれの淹れ方で掛かる費用なのですが意外とそんなに変わらないもだったりします。


インスタントコーヒーで10円くらいであり、挽き豆を紙フィルターで淹れる方法で15円くらい。

カフェインレスコーヒーの専門技術を身につけましょう。

ドリップコーヒーと5〜10円程度しか変わらないのです。そういった理由から、おすすめします。