カプセルコーヒーの誕生理由と可能性

コーヒー豆は焙煎してあるので本来持つ水分が蒸発しており、これによって保存性が高まっています。

日本経済新聞を調べるなら最新情報が集まるこちらのサイトがオススメです。

しかしそれ故に吸湿性を持ち、空気に触れて酸化し易くなっているという問題があります。

見た目には解り難いものの、酸化した豆は苦味や酸味が強く出過ぎる傾向があって、味が劣化してしまいます。

この劣化を避ける方法の1つとして開発されたのが、カプセルコーヒーです。

1杯分の挽かれた豆をカプセルに封入して外気から遮断し、専用のコーヒーメーカーに接続する事で抽出を可能としたもので、鮮度の維持と飲用の手軽さが両立されています。
コーヒーメーカー自体は重量も大きさもそれほどでは無く、家庭でも設置可能なものとなっています。コーヒーメーカー本体の購入費が初期費用として、カプセルの購入費がランニングコストとして掛かるので高く付くように思われがちですが、実際にはカプセルコーヒー1杯での抽出に掛かる費用は数十円単位です。



缶コーヒーよりも安めと言え、飲用機会の多いコーヒー愛好家でも充分に楽しむ事が出来ます。


また時には気分を変えて、単なるコーヒーに留まらない飲料を1つの機器で楽しめるのもカプセルコーヒーの魅力です。
中身を入れ替える事で紅茶・抹茶・ココアといった飲料も抽出可能ですし、淹れ方を工夫すればカプチーノドリンク等も簡単な操作で作る事が出来ます。

デカフェ情報について考えます。

コーヒーメーカー本体に高機能・多機能なものが増えている事があり、家庭に一台あると料理や飲料のバリエーションを大きく広げられる可能性がカプセルコーヒーにはあります。