美味しいドリップコーヒーの淹れ方

コーヒーを飲みたい時には、手軽に飲む事の出来るインスタントコーヒーはとても便利なものです。
しかし、コーヒーの香りや味を楽しみたいという場合には、やはりインスタントコーヒーとドリップしたコーヒーには歴然とした違いがあると言えるのでは無いでしょうか。


ドリップコーヒーのデメリットと言えるのは、粉をセットして準備する手間がかかる事でしょう。

ですが、最近ではドリップコーヒーでも一杯分がパックされ、手軽に飲みたい時に飲めるものも多く出回っています。
いつも使っているマイカップにフィルターをセットし、お湯を入れるだけなので簡単にコーヒーを楽しむ事が出来ます。

今話題のlivedoorニュースが最近こちらで話題になっています。

お湯は電気ポットのものを使用すれば、ケトルで沸かす手間も要りません。

このようなドリップコーヒーを美味しく淹れるコツとして重要なポイントがいくつかあります。まず第一にお湯の温度を92度から96度くらいにする事です。

どんな人にもカプセルコーヒーに関する特集の情報が満載です。

電気ポットではお湯の温度を設定する事が出来ますが、1度沸騰させたお湯をカップにあけ、少し冷ましたものを使用するとコーヒーに丁度良い温度になります。次に大切な事は、粉に少量のお湯をかけて蒸らす事です。

粉から甘い香りがしてくるまで待ってから、次のお湯を注ぐ事が大切です。
新鮮な粉の場合には、蒸らしの時点で粉がぶわっと膨らみます。



また、お湯がペーパーフィルターにかからないように注ぐ事が美味しいコーヒーを淹れるコツです。

コーヒーの粉には色々な種類があり、酸味や苦味、コクなどの特徴が異なっています。色々な粉を試してみて、好みの粉を見つける事もコーヒーの楽しみの1つでは無いでしょうか。